2010年3月30日火曜日

浅田真央という美




フィギアはおろか、スケートという競技すら、まったく判らない。

しかし、浅田真央の演技には魅了されてしまう。

彼女の演技は、他の選手とは全く違うからだ。

浅田真央は、リンク上に彼女を中心とした別世界を創り出している。

それがフィギアという競技として、どうなのかは知らない。

ただ間違いなく、そこには美がある。

それも人智を越えた、なにか怖いような美しさだ。




その美しさの正体を、判るように説明してくれるメディアが無い。

馬鹿げたライバル話か、愚にもつかない技術論ばかりだ。

仕方ないので、自分なりに考えてみた。




まず、音楽と一体になった流れるような動きや、軽快なステップに魅了される。

まるで音楽そのものが、人の体を借りて踊っているようだ。

表情から指先まで、すべてが音楽になっている。

これでなお、表現力が足りないという人の感性が、私にはどうしても理解出来ない。




しかし、なにより惹きつけられるのは、困難なジャップする直前だ。

スピードにのりながら背筋を伸ばし、進行方向へやや首をねじる。

ジャンプのタイミングを待っている、その瞬間だ。

それはまるで時が止まったかのような、神々しい一瞬。




そのジャンプは、彼女だけが挑む。

しかし、大きなリスクの割に採点上のメリットは少ないという。

それでも、彼女は飛ぶ。

点数などではなく、より高きものの為にだ。




ここで唐突だが、ふと、弟橘媛を思い出してしまう。

大和尊の為に、荒れ狂う海へ身を沈めた弟橘媛だ。

恐ろしい海神に身を捧げる時、彼女は涼やかな顔をしていたに違いない。

なぜなら弟橘媛には、より貴いものの為に命を捧げる覚悟があったからだ。

それは、相模の野で火攻めに合った時に我が身を案じてくれた、夫の真心に報いるという気高い思いだ。




困難なジャンプの直前に見せる浅田真央の一瞬の静寂にも、同じような気高さが満ちている。

力むでも無く、怯れるでも無く、氷のような冷静さで次の瞬間を見据えている、その表情。

より高いものの為に、自らを顧みない透き通った心が菩薩の顔となって現れる。

私を魅了してやまないのは、この一瞬の空気と彼女の表情だ。




そして次の瞬間、彼女は空を舞う。

強く、早く、華麗に…。

見事に着地を決めても、まるで何事も無かったように音楽の化身は踊り続ける。

それはもはや、人とも思えぬほどの美しさだ。







2010年3月27日土曜日

思慕

view photostreamUploaded on September 29, 2008
by open-arms


ねぇ、もう止めておきなよ。

飲み過ぎだってば。

そりゃ、商売だけどさぁ。

…。



どうしたの?

今日は何か変だよ?

仕事で、なんかあった?

…、女だ。

 

彼女と喧嘩したんでしょ。

あのさぁ…。

悪口じゃないのよ。

ただ、あの人はやめた方がいいよ。



そりゃ素敵な人よ。

綺麗だし

センスも良いし

でも…。



ヘンな意味じゃないよ。

なんか、良くないって思うんだ。

…、あなたの為には。

おせっかいだけどさぁ。



なんだ、寝ちゃったの。

なにやってんだろ、アタシ。

バカみたい

ったく…。









*小さな物語は、写真から想起したフィクションです。

2010年3月19日金曜日

廃屋

view photostreamUploaded on July 11, 2009
by sun_summer


ちょっと、あんた。

そこは空き家だよ。

なんか用かい?

…ふ~ん。



女の子?

…あぁ、憶えてるよ。

確かウチの孫と同級だった。

知り合いかい?



もう十何年になるかね。

奥さんが、あんな事になるなんてなぁ。

田舎だから、なにも無くたって噂になる。

そりゃ、居辛かったんだろう。



旦那は、娘さん連れて直ぐに越してったよ。

それっきり、どうしてるのやら…。

あの娘さんも、幸せになってくれてれば良いけど。

なんつったっけな、あの子…。



そぅそぅ、そんな名前だった。

幸せだった? そりゃ良かった。

ん? だった…って?

ちょっとアンタ…。


なんだい、行っちまったよ。







*小さな物語は、写真から想起したフィクションです。

2010年3月17日水曜日

孤独

view photostreamUploaded on November 18, 2009
by i764gt


ふぅ…。

まぁ、大往生だ。

眠るようだったし。

うん、穏やかな顔だった。



夏は必ず来てたな、ここ。

ありゃ、おふくろが来たかったんだな。

親父は、なんだか仕方なさそうだった。

海の家に、タイヤチューブの浮き輪。 



とうとう、これで独りぼっちか。

親も無ければ子も無い。

なんだかなぁ…。

やっぱり親不孝だったよなぁ。



そうか、独りか…。

独りぼっちなんだな。

…。

なんだかなぁ。




*小さな物語は、写真から想起したフィクションです。

2010年3月16日火曜日

誘惑

view photostreamUploaded on June 19, 2009
by eliot.


なんかさぁ、冬の海っていいよね。

好きだなぁ。

だって、誰もいないしさぁ。

せいせいするって言うか、なんかスッキリするじゃない。



寒い?

ごめんね。

付き合わせちゃって。

あなたしか頼める人がいなくて…。



いつだっけか?

みんなで来たよね、夏に。

楽しかったぁ。

あの人、酔っ払って溺れそうになるし…。

馬鹿だよね、アイツ。



うん、意味無いよね、こんな話。

忘れなきゃダメだよね。

でも、こんな詰まらない話が、どうしても忘れられないの。

馬鹿だよね。



ごめんね、付き合わせちゃって…。

せっかくのお休みなのに。

ねえ、なんか暖かいもの食べに行こうか?

奢るからさぁ、行こうよ。











*小さな物語は、写真から想起したフィクションです。

2010年3月15日月曜日

訪問

view photostreamUploaded on June 18, 2008
by mrhayata


そうそう、その坂を上がっておいで。

そしたら直ぐだから。

えっ? なに?

服? どうかしたの?



いいじゃん、白、似合ってるよ。

そんなこと無いって、いいと思うよ俺。

えっ、おふくろ?

そんなの気にしないって。



大丈夫だよ、ちょっと顔見せるだけなんだからさぁ。

お茶飲んだら、すぐに出掛けるし…。

だから、変じゃないって。

だって、バッチリ決めて来たら、逆にアレだろ?



いや、そんな意味じゃなくてさぁ。

うん、大丈夫だから。

ほら、その坂を上がっておいで。

ここで待ってるから。





*小さな物語は、写真から想起したフィクションです。 

寒椿

view photostreamUploaded on January 10, 2009
by nakimusi


あれは寒椿です。

先週あたりから見頃になりました。

君は良い時に来ましたね。

ちょうど今が盛りです。



大学を退職した年に越して来ましたから、もう10年ですね。

冬の苦手な私を、この花が慰めてくれます。

さぁ、冷めないうちに、お茶を飲みなさい。

ずいぶんと久しぶりですね。



勘のいい君のことです。

もう察しているでしょうが、ええ、彼から君の事を聞きました。

案じてましたよ、彼。

学生時代の友人というのは、本当に得難いものですね。



いや、なにも今さら、先生ぶろうというのではありません。

私に何が出来るわけでも無いのですから。

ただ、君の顔を見たかっただけです。

それでね、君の顔を見たら、私は安心しました。



また来年も、この寒椿を見にいらっしゃい。

楽しみにして待っていますから。

きっとですよ。





*小さな物語は、写真から想起したフィクションです。 

2010年3月14日日曜日

旧友

view photostreamUploaded on October 10, 2009
by Yohei Yamashita


〆に、ラーメン食おうぜ。

旨いんだよ、そこ。

えっ? 夜中に食うと太る?

ツマんないこと言うなよ、江戸っ子がぁ。



あっ、ごめんごめん、三重だっけ?

いや、憶えてるって、三日市じゃなくて…。

ほら、四日市だろ?

冗談だってば。



餃子も旨いからさぁ、冷たいビールで軽く飲み直して…。

で、ラーメン食って解散ってことで、どう?

いや別に、なんも無いよ。

ほら、久しぶりじゃん、ほんと久しぶりだよな。



やっぱ、帰る? そうだなぁ、さんざん飲んだしなぁ。

明日も仕事なんだろ、悪かったな今日は…。

いや、なんでも無いよ、大丈夫、元気だよ。

んじゃ、俺はラーメン食ってくよ。



またな。

お前も元気でな。

今日は、ありがとうな。

ん…、じゃあな。







*小さな物語は、写真から想起したフィクションです。


2010年3月13日土曜日

喪失

view photostreamUploaded on March 3, 2009
by scion_cho


あれっ?

なんだっけ?

何やってんだっけ?

駅か…。

鞄持ってるし…、会社の帰りか?

じゃあ、家に帰るとこだ。

家…、でも、家って何処だっけ?

…。

ん?

あれっ?

誰だっけ、俺?







喧嘩

view photostreamUploaded on August 4, 2008
by hitthatswitch


行っちゃったよ…。

そんなに怒ることないだろ。

そりゃまぁ、俺が悪いんだけどさぁ。



でも、だからって、いきなり怒り出すことないよなぁ。

だいたい、人の話、聞かないんだもん。

こっちにだって、事情があるんだって。

それをいきなり…、カルシウム足りてないんじゃないの?



ったく、どーするんだよ、予約した店は…。

一人で食っちゃうか…。

いや、やっぱりキャンセルしとこ。

あれで明日になったら、なんも無かったように電話してくるし…。



ちょっと、疲れるよなぁ。

アイツ、なんか最近、イラついてるし。

三年目かぁ…。

なんか、いろいろ変わったよな。



まぁ、いっか。

どっかで、旨い焼鳥でビールでも飲もうっと。

一人も気楽で良いや。








*小さな物語は、写真から想起したフィクションです。

2010年3月12日金曜日

昔話

view photostreamUploaded on July 19, 2009
by Rafael_Pieroni


あんた、中国人? ふ~ん、日本人…。

あたしゃ、この先で、ちっちゃな店やってんの。

メキシコ人じゃないよ、一緒にしないでよっ!

もっと南っ、まぁ、言っても知らないだろうけどね。



お金持ちの国の人には判らないよ。

な~にんも無い国で、みんな地べた這うように生きてた。

このまま一生終わるのかなって…。

そしたら伯父さんの誘いで、この国に来ることになったのよ。

パパと弟と私。ママはとっくに死んじゃってたしね。



でも、それからが大変よ、歩いて歩いて、もう歩き通し。

メキシコとの国境は、お金を払って川を渡ったわ。

でも、そこでパパの持ってたお金はすっからかん。

他のみんなと一緒に列車の屋根に乗って、それでメキシコを縦断。



長かった…、何日も屋根の上で揺られてるの。

うっかり眠って落ちたら、それっきり。

陽射しは照りつけるし、なによりトイレが困ってさぁ。

まぁ、そんなのは笑い話だけど、ハゲタカどもの事は一生忘れない。

いや、人間だよ、私らみたいなのを襲うギャングだよ。

最低最悪の連中、貧乏人から何もかも毟り取るんだから。



その途中で、パパは死んじゃったし、弟は行方不明。

なんとか私だけアメリカに辿り着いて、今じゃ市民権まであるけどね。

レーガンの時のアムネスティでね。

それでまぁ、店も持てたし、運が良かったんだろうね。



ありゃ、変なこと喋っちゃったね。

あたしゃ、もう行かなきゃ、んじゃ、坊や、元気でね。

えっ、三十? アジア人は若く見えるって本当だねぇ。

とにかく、アメリカを楽しんでよ、アディオース!







*小さな物語は、写真から想起したフィクションです。

2010年3月11日木曜日

踏切

view photostreamUploaded on May 14, 2008
by mrhayata


暑っついねぇ~ どこ行くの?

眠眠? うん、いいよ。

餃子食べたかったんだ、ビール飲むでしょ?

もう喉カラカラだもん。

そうだ、お盆休みどうするの?

また田舎に帰っちゃう?

いいなぁ~

私、東京だから田舎無いし。

山とか川とかさぁ、もう緑が眩しいくらいのとこ行ってみたい。

三日で飽きる?

うん、でもいいなぁ。

行ってみたいなぁ。

うん、餃子とビールだよね、お腹空いたもんね。








*小さな物語は、写真から想起したフィクションです。

路地

view photostreamUploaded on June 5, 2008
by mrhayata


いや、なに、ちょっと伯母さんに呼ばれましてね。

しょっちゅうなんですよ。

土産を取りに来いとか、雨戸が閉まらないとか…。



母親の姉、といっても双子だから同い年なんですけどね。

子供が居なかったせいですかね、小さい頃から可愛がって貰いました。

それでまぁ、未だに頭が上がりません。



私も母親を五年ほど前に亡くしましてね、まぁ、母親孝行の代わりみたいなもんですよ。

ええ、そうそう、双子だけに顔もおんなじですしねぇ。

いや、元気なんですよ。



旅行だの食べ歩きだのと、私らより出歩いてますよ。

家は持ち家だし、まぁ、それなりに良い老後じゃないですかね。

あっ、伯母の家は、この路地のすぐ奥なんです。



えっと、お探しのマンションは、この先を真っ直ぐ行ったら右手ですから。

いや、こっちこそ、詰まらない話を聞かせちゃって、すいません。

それじゃぁ、お気を付けて。





2010年3月9日火曜日

時刻

view photostreamUploaded on May 6, 2006
by nodoca


もう少ししたら、あの人は列車に乗る。

まだ雪が残っているらしい、あの人の故郷へと。

夏には稲穂の上を緑の風が吹き抜け、見上げる入道雲が立ち上がる町。

いつかは、二人で行くはずだった町。

でも、もう、みんな終わったこと。

みちのくの町を、私は決して訪れることは無い。

胸のあたりが、ざわさわとしている。

もう少ししたら、あの人が列車に乗る。

あの人を育てた、美しい町に帰って行く。

胸のあたりが、ざわさわとしてる。






2010年3月8日月曜日

和食

view photostreamUploaded on July 7, 2009
by angrydicemoose


ちゃんとした料理が食いたいなら、いい料理人の店だ。

いい料理人とは、きちんと修行をして来た人だ。

抑制された立ち振る舞いは美しく、一つ一つの動きに無駄が無い。

板場は清潔で整理され、完璧な仕込みがされている。

だから目の前で調理する様子は、とても簡単でスムーズに見える。

そんな料理人の作るものなら、何を食っても間違いが無い。





2010年3月7日日曜日

レストラン

view photostreamUploaded on December 8, 2009
by yuichi.sakuraba


レストランで食事を楽しみたいなら、いい給仕長のいる店だ。

素直に、親しみを込めて、彼に相談すればいい。

気取ってはいけないし、偉そうにしてもいけない。

知ったかぶりをするのは、もっての他だ。

それでバカにしたり、高いものだけ勧めるような店はダメ。

本当にいい店のいい給仕長なら、店の料理が好きで仕方ない。

その料理を説明したり、客の好みに合わせて選ぶことが楽しくて仕方ない。

だから会話が弾むし、ベストな選択を必ず教えてくれる。

そんな彼が、嬉しそうに勧める料理が不味いはずが無い。

常識的な予算を伝えて、その場その場で選んで行けばいい。

店が心地よく、温かく感じられたら、それが最高の時間だ。





2010年3月6日土曜日

メロン

view photostreamUploaded on July 26, 2009
by takuhitosotome


メロンを食うなら、高いのがいい。

一個一万円くらいするヤツだ。

それを半分に切って、そのままスプーンで食う。

豪快で贅沢だ。

放埒にして無頼だ。

快楽にして、後ろめたい思い。

でも良いじゃないか、貰ったものなら。





2010年3月5日金曜日

松茸

view photostreamUploaded on November 6, 2009
by Taro416


松茸の噂を聞いたら、次の休日は早起きする。

弁当と足拵えをして山を歩くのだ。

収穫が三本以上なら知り合いにお裾分け、そうでないなら独り占めだ。

七輪に火を起こして焼き松茸、熱いところを手で引き裂いてスダチを絞る。

きゅっという歯応えと、秋の香り。

残りは、ざく切りにして松茸ご飯だ。

炊き上がりの釜を開けた時の、思わず笑みが溢れる香り。

こんなことは、もう今では出来ないだろう。




そうめん

view photostreamUploaded on August 4, 2008
by gullevek


照りつける夏の昼どき。

風鈴は音も立てない。

そんな日は、開け放した夏座敷で素麺を食う。

ガラスの深鉢に、カチ割りの氷と水。

揉み洗いした素麺を、そっと泳がす。

ツユは、干し海老を一晩つけた出汁で作るのがいい。

薬味は、青葱と少しの生姜だけ。

あとは一気に食べる

ぬるくなっちゃ、台無しだ。




2010年3月4日木曜日

わらび餅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夏の盛り。

炎天下をずっと歩いてる。

もう水物には飽き飽きしながらも、何か冷たいものが欲しい。

そんな時、わらび餅の屋台に出会ったら、木陰を見つけて一休みしよう。

疲れた体に黄な粉の甘みは心地いい。

冷っこいわらび餅が口の中で踊る。

ふと、涼しい風が吹き抜けたようだ。